16 1月

東京新聞をおよみになられた皆様へ

このたびは、東京新聞の記事をお読みになって、たくさんのみなさまがメッセージをくださり、とても嬉しく思います。

法人の代表理事をしております、ましこりか と申します。

私自身も福島県三春町からの自主避難者で母子で避難しています。子どもとふたりで多摩地域に避難していますが、夫は三春で、わたしたち母子の生活を支えてくれています。

避難してからというもの、山田先生にはずっと健康相談会にご協力いただいており、法人の理事にもなっていただいておりまして、今回の立ち上げに至った次第です。どうぞお見知り置きいただければと思います。

 

ご寄付のお申し出や激励のメッセージをいただき、ほんとうにありがとうございます。胸がいっぱいで、メールを拝読しながら、涙がとまりませんでした。心より感謝いたします。

ご寄付の振込先を下記に記載いたします。

基金専用の振込先を用意する予定だったのですが、わたしが手続きに行けずにいて今日を迎えてしまったため、ひとまず法人の口座のほうにお願いしたいと思います。よろしくおねがいいたします。

♦お振込先♦

ゆうちょ銀行 振替口座   00110-4-602009

特定非営利活動法人 ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト

銀行などの金融機関からのお振込みの場合は
   ゆうちょ銀行  当座 店番 019 口座 0602009
   特定非営利活動法人 ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト

上記口座へお振込みの際は、別途お振込みのご連絡を(info@kokokara-hp.org)までいただけますと幸いです。

 

ご寄付のお気持ちをとてもうれしく思います。

このたびは本当にありがとうございます。今後ともよろしくおねがいいたします。

NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト

代表理事ましこりか(三春から避難中)

2017年1月16日 東京新聞 医師の寄付から民間基金 福島・自主避難者の転居費支援 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017011690065930.html
tokyonp

03 11月

11月15日 早稲田協会のバザーに出店します。 

11月15日 12時から 早稲田協会のバザーに出店します。 
NPO法人 ココカラハッピーでは、昨年のママネット☆リユース会で残った衣類を始め、新たにご寄付いただき集まった衣類や雑貨を販売します。
また、わたあめ販売もします。
本格わたあめ機で作り、販売しますので、小学生以上のお子さんでお手伝いしてくださる方は大歓迎です。
避難ママの参加も大歓迎です。バザーに出せるものがあれば一緒に販売しませんか。販売品は飲食物以外でおねがいします。
お問い合わせ先 info@kokokara-hp.org
早稲田協会 http://waseda.chu.jp
※出品する方は、11時には準備にきてください。
※避難ママは、欲しいものがあれば無料で持ち帰っていただけます。(ココカラハッピー出品物に限る)
※ゲット品を入れるマイバックをご持参ください。
※出品する方は、各自の売り上げ管理が出来るよう、目印となる値札をつけてきてください。売り上げは各自お持ち帰り下さい。販売品は飲食物以外でおねがいします。(持ち帰り用ならok)
※わたあめの売り上げは、早稲田協会に寄付します。
※保育はありません。
※車で来場の方は近くのコインパーキングを利用してください。
27 2月

こども健康相談会 in 福島:2015/3/1(日)

03月01日(日)「こども健康相談会福島」が開催されます。
予約制となり事前のお申し込みが、以下の専用フォームなどから可能です。
当基金の代表・黒部信一小児科医も参加しています。

こども健康相談会 in 福島:2015/3/1(日)

http://fukushima-kenkousoudankai.blogspot.jp/

日時:2015年03月01日(日)10:00〜16:00(予約制)

対象:福島県および近県にお住まいのご家族
内容:医師による健康相談(無料)

  • ご希望の方は、事前にWBC測定と陰膳測定が出来ます。
  • 健康相談会利用の方は測定料が無料となっております。

場所:カーロふくしま 福島市矢剣町29-3
申し込み·問い合わせ先:ふくしま30年プロジェクト
【電話】024-573-5697

【申し込み専用メールフォーム】 ⇐ お申込みはここをクリック

主催:ふくしま30年プロジェクト

協力:子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク
http://kokokara-hp.org/programs/kodomokenko/doctors