23 1月

2月21日(土)講演「福島の現実を聞かせて」〈福島の詩人 星ひかり〉がお話します。

2月21日(土)に副代表〈福島の詩人 星ひかり〉が講師として招かれ、講演を行います。ぜひお越しください!

1

講演「福島の現実を聞かせて」

あの震災から3月で4年が経とうとしています。 まだ4年なのか、もう4年なのか…。復興は?放射能の汚染は?今も垂れ流され続けているのでは?もうあそこには…。
そんな不安の中で、住む場所を断たれ、生活を断たれ、人間関係を断たれた方々の、 言葉や声にならないものも含めて伺えたらと思います。
ご一緒に耳を、心を傾けましょう。

〈福島の詩人 星ひかり〉
NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト副代表。 東京生まれ。結婚後、福島で3人の子どもを育てながら地域で活動をする。郡山にて被災。一 週間の避難所生活を経て、東京の妹宅へ娘2人を連れて避難。以後東京で生活再建をする。深 い喪失感から自分の言葉を失うが、ふつふつとした思いを詩に書きはじめ、自身の体験や福島の現状を語り始める。仕事や子育てのかたわら、歌や詩の朗読を通して、命、平和を語る活動を続けている。「つながろう!放射能から避難したママネット」会員。

日時:2月21日(土)午後2時から4時30分まで
会場:日本基督教団紅葉坂教会 アクセス(神奈川県横浜市西区宮崎町1)
参加費:300円

講師:星ひかり、関ジョニー
コーディネーター:吉田慈

主催:日本基督教団神奈川教区社会委員会核問題小委員会
共催:プルトニウム・フリー・コミュニケーション神奈川
お問い合せ:委員長 久保 090-2669-4219

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です