離婚の方法と手続き

離婚の3つの方法:協議離婚・調停離婚・裁判離婚ってなに?

離婚の3つの方法

離婚の方法は大きく分けて三種類です。

①協議離婚

②調停離婚

③裁判離婚

①協議離婚

夫婦で話し合い、離婚することを両者が同意した場合に、離婚届を提出し離婚が成立する場合を協議離婚と言います。

世の中の離婚の90%近くが協議離婚です。

②調停離婚

協議離婚が成立しない場合に用いられるのが調停離婚です。

(1)夫婦で話し合いをしても相手が離婚に応じない場合や、(2)夫婦の両方が離婚自体は了解しているけれども、子の親権や財産分与の額などの離婚の条件でもめている場合などは、夫婦の一方が家庭裁判所に離婚調停(りこんちょうてい)の申し立て(申込み)をします。

離婚調停は家庭裁判所で調停委員という人(通常は男女2人)に夫婦の間に入ってもらって話し合います。

調停離婚は、調停委員が夫婦の間に入りますが、何か命令したり判決をしたりすることができるわけではありません。夫婦で離婚することや離婚の条件に同意しなければ調停離婚は成立しません。

離婚全体の約10%を占めるのがこの離婚方法です。期間は約3ヶ月から長期化すれば1年以上かかる場合もあります。

③裁判離婚

離婚調停でも話し合いがまとまらない場合、夫婦の一方が家庭裁判所に離婚の訴え(離婚訴訟”りこんそしょう”ともいいます)を起こす事を離婚裁判といいます。

夫婦だけの話し合いがまとまらず、協議離婚が成立しない場合であっても、いきなり離婚訴訟をすることはできません。離婚裁判をする前には、必ず離婚調停をする必要があります。離婚調停がうまくいかない場合に、初めて離婚訴訟をすることができます。

離婚訴訟が認められるためには、民法で定められた離婚原因(不貞行為など)が必要です。

離婚を認める判決が確定すれば、離婚が成立します。

離婚訴訟が行われるのは離婚全体の約1%程度です。

 

*この記事は投稿時の法律や資料に基づいて作成されています。