弁護士・相談先

【わかりやすく解説】離婚の弁護士費用ってどのくらいかかるの?

離婚の弁護士費用のめやす

りこちゃん
りこちゃん
離婚をするのに、弁護士費用っていくらぐらいかかるんですか?
りこん先生
りこん先生
弁護士に払う費用は、それぞれの弁護士が自由に決めていいことになっているから、弁護士によっていろいろだよ。
りこちゃん
りこちゃん
えー!!!それじゃあ、弁護士費用がいくらかかるか全然わからないじゃないですか!?
りこん先生
りこん先生
日弁連(弁護士の団体)が、弁護士にとったアンケートがあるから、それがおおまかな目安になるよ。

弁護士の料金の目安

法律相談

例)
離婚の弁護を依頼せずに、単に1時間相談だけする場合

1万円………56%
5000円………36%

離婚調停や離婚訴訟

例)
3歳の子どもの親権と慰謝料を求めて弁護士に依頼。
離婚が成立し、親権が認められ、養育費が毎月3万円、慰謝料200万円となった

※着手金=最初にに支払うお金。結果にかかわらず支払う。
※報酬金=結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬。

離婚調停を弁護士に依頼し、離婚が成立した場合
 着手金 20万円………45% 30万円………42%
 報酬金 30万円………40% 20万円………30%

離婚調停を弁護士に依頼したが、調停が成立せずに訴訟で離婚が成立した場合
 追加の着手金 0万円(なし)………26% 10万円………43% 
 報酬金 30万円………40% 20万円………30%

離婚訴訟から初めて弁護士に依頼し、離婚が成立した場合
 着手金 30万円………53% 20万円………26%
 報酬金 30万円………37% 20万円………20%

りこん先生
りこん先生
これはあくまでもめやすです。弁護士によって、額は違うから気を付けよう!

弁護士費用の確認の仕方

弁護士事務所のホームページではわからない?

りこちゃん
りこちゃん
弁護士事務所のホームページに、費用が書いてあるところもありますよね。それを見れば費用がわかるんじゃないですか?
りこん先生
りこん先生
それだけでは、わからないことも多いから注意が必要だよ。こんな例でみてみよう。

 離婚チャンネル法律事務所 

【離婚の場合の弁護士費用】
報酬金=依頼者が得られた利益の10%

りこちゃん
りこちゃん
うちの場合、夫は不倫の慰謝料を200万円なら支払うと言っているんです。弁護士に頼んで慰謝料300万円もらえることになった場合、報酬金の「依頼者が得られた利益の10%」ってどう計算するんですか?
りこん先生
りこん先生
もともと、夫は200万円支払うって言っていたんだから、りこちゃんは弁護士に頼んで、それよりも100万円多く利益を得たことになるよね。
りこちゃん
りこちゃん
そっか!それじゃあ、100万円の10%で10万円ですね。
りこん先生
りこん先生
良心的な弁護士なら、10万円にしてくれるだろうね…。
りこちゃん
りこちゃん
えっ!10万円にしてくれない弁護士もいるんですか?
りこん先生
りこん先生
中には「サレ妻さんは慰謝料を300万円もらえることになったのだから、300万円の10%で30万円が報酬金です。」と言うような弁護士もいるよ。
りこちゃん
りこちゃん
それじゃあ、どうやって料金を調べればいいんですか?
りこん先生
りこん先生
「私のケースだと、だいたい弁護士費用はどのくらいになりますか。」と 実際に弁護士に聞いてみるといいよ。

弁護士費用が払えそうもない場合は…

法テラスで民事法律扶助が利用できます

りこん先生
りこん先生
月収や財産があまりなくて弁護士費用が払えない場合は、法テラスが弁護士費用を立て替えてくれる「民事法律扶助」という制度を利用するといいよ。
民事法律扶助の利用の仕方は、お金がなくても離婚を弁護士に依頼する方法を参考にしてね!

民事法律扶助を利用した場合の弁護士費用

民事法律扶助を利用した場合の弁護士費用

りこん先生
りこん先生
民事法律扶助を利用する場合、弁護士費用は法テラスに立て替えてもらえるけれど、後で法テラスに返済する必要があります。ただ、民事法律扶助を利用した場合は、弁護士費用が一律できまっていて、 それは一般の弁護士費用よりかなり安いです。

民事法律扶助を利用した場合の弁護士費用

離婚協議を依頼する場合
実費=20,000円
着手金=63,000円~105,000円

離婚調停の場合
実費=20,000円
着手金=84,000円~126,000円です。。

離婚訴訟の場合
実費=35,000円
着手金=189,000円~241,500円(標準額は220,500円)
*調停から引き続いて訴訟を行う場合には、追加の着手金=157,500円

離婚協議・調停・訴訟の報酬金
相手から金銭や財産等をもらわない場合やもらえる金銭が下記より低い場合
=63,000円~126,000円(標準額は84,000円)
相手から金銭や財産等をもらう場合
給付を受けられた金額が3,000万円まで=10% 3000万円を超える部分=6%+120万円

 

*この記事は投稿時の法律や資料に基づいて作成されています。