離婚ノート

離婚の準備!【離婚ノート10】財産分与に必要な情報を記録しましょう

りこん先生
りこん先生
離婚ノートとは、離婚に必要なすべての情報を書いておくノートです。

離婚ノートを作ることによって、きちんと離婚の準備ができますし、弁護士に法律相談をするときには離婚ノートを見せれば話が早いですよ。

離婚ノート10の記入が必要なのはどんな人?

りこん先生
りこん先生
離婚ノートは、全部を記入するとものすごい量なので、必要な部分だけ、自分が一番気になっている順に書いていってくださいね

離婚ノート10には、財産分与に関する情報を書くので、財産分与でもめそうな人は記入してください。

【ノート2】現在の家族の状況を記録しましょうにも、家族の財産について書く欄がありますが、非常に簡単に書くだけなので、財産分与が問題になりそうな場合は、【離婚ノート2】の財産には何も書かないで、【離婚ノート10】に書いてください。

離婚ノートのダウンロードについて

りこん先生
りこん先生
まず、離婚ノートをダウンロードして、このサイトの以下の説明を見ながら、「離婚ノート」に記入していってくださいね。
【離婚ノート10】財産分与に必要な情報

 Word版ダウンロード 

 PDF版 ダウンロード 

ダウンロードや印刷の方法は、【離婚ノート の準備編】ノートの作り方を参考にしてください。
【離婚ノート1】~【離婚ノート14】までの他の離婚ノートについては→こちら

10-1.財産分与について学びましょう

財産分与についてもっとくわしく知りたい方は財産分与でいくらもらえる?離婚するときの夫婦の財産のわけ方を参考にしてくださいね。

財産分与とは
…結婚中に夫婦で協力して築いた財産を、離婚の際に分配することをいいます。

財産分与の決め方
…お互いに話し合って財産分与をする場合(協議離婚や調停離婚の際に財産分与をする場合)は、どの財産がどの割合で誰の物になるかを自由に決めることができます。例えば、妻がすべての財産をもらうと決めることもできます。
…裁判で財産分与が決められる場合には、裁判所が決めるので、原則として夫婦で財産を2分の1ずつ分けます。専業主婦(専業主夫)に対しても家事育児をして夫婦の財産を増やすことに協力したといえるので2分の1支払われます。不倫をした、DVをしたなど、離婚原因を作った側にも原則として2分の1支払われます。
ただし、夫婦で同じ月給なのに妻が家事育児をすべて行っていたような場合には妻に多く財産分与が行われ可能性があります。

●財産分与の対象となる財産
…離婚後に財産分与の対象となるのは、夫婦が結婚の期間中に協力して手に入れた一切の財産です。これを「共有財産」といいます。例えば、結婚中に買った家の契約者が夫だったとしても、夫婦の共有財産となります。夫が家の家具を買ったような場合も共有財産になります。

共有財産とならない財産

×結婚前から貯めた貯金や、結婚前に買った不動産など結婚前から夫・妻が所有していた財産
…夫婦が結婚の期間中に手に入れた財産ではないので財産分与の対象になりません。

×相続によって得た財産
…夫婦の協力とは無関係に取得した財産とは言えないので財産分与の対象になりません。

×夫や妻が自分だけで使っている物(洋服やバッグなど)
…夫婦の財産とは言えないので、財産分与の対象となりません。

×離婚を前提とした別居中に手に入れた財産
…この時点では夫婦関係は壊れているので、夫婦が協力して得た財産とはいえないため、財産分与の対象となりません。

10-2.夫婦の財産を書き出して、離婚後にどのように分けるかを検討しましょう。

夫婦の共有財産としてどのようなものがあるのかを書き出す

どのように分けるのか自分の希望を具体的に書く

財産分与について、相手と話し合いを行った場合は、相手の希望や話し合いで決まったことを記載する

――――――――――――

記載例:
□マンション
①登記は夫が単独で所有
②夫の希望=離婚後夫が所有、妻の希望=離婚後妻が所有
③〇年〇月〇日の話合い=売却して夫婦が売却代金を半分ずつ分ける
□自動車
①夫の名義
②両方の希望=離婚後夫が所有、その代わり預金は妻が多く取得
③〇年〇月〇日の話合い=離婚後夫が所有、その代わり預金は妻が多く取得
□預金
①夫名義の預金=〇〇銀行〇万円 〇〇銀行〇万円 計〇万円
②夫の希望=全額夫の物、妻の希望=全額妻の物
③〇月〇日の話合い=夫が〇万円 妻が〇万円を取得

□現金

(記入欄)

 

□預貯金

(記入欄)

 

□有価証券(株式・国債など)、投資信託

(記入欄)

 

□不動産(土地・建物など)

(記入欄)

 

□家具・電化製品

(記入欄)

 

□自動車

(記入欄)

 

□金銭的価値の高い品物(骨董品・絵画などの美術品・宝石・着物など

(記入欄)

 

□ゴルフ会員権など

(記入欄)

 

□保険料(自動車・生命・損害・学資保険など)

(記入欄)

 

□退職金

(記入欄)

 

□年金

(記入欄)

 

□その他

(記入欄)

 

↓【離婚ノート10】のダウンロードはこちら

【離婚ノート 10】財産分与に必要な情報

 Word版ダウンロード 

 PDF版 ダウンロード 

*この記事は投稿時の法律や資料に基づいて作成されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA