離婚ノート

離婚の準備【離婚ノート1】あなたの希望をノートに書きましょう

離婚ノート1 まずはあなたの希望を書きましょう
りこん先生
りこん先生
離婚ノートとは、離婚に必要なすべての情報を書いておくノートです。

離婚ノートを作ることによって、きちんと離婚の準備ができますし、弁護士に法律相談をするときには離婚ノートを見せれば話が早いですよ。

離婚ノート1はまず最初に必ず記入してください

りこん先生
りこん先生
離婚ノートは、全部を記入するとものすごい量です。

なので、必要な部分だけ、自分が一番気になっている順に書いていってくださいね

ただし、【離婚ノート1】は離婚に必要な情報の総まとめを、簡単に書くノートなので、みなさん全員に記入してもらいたいです。

【離婚ノート1】の内容をもっとくわしく書く場合は、離婚ノート1~14の一覧を見てくださいね。

離婚ノートのダウンロードについて

りこん先生
りこん先生
①「離婚ノート」をダウンロード→②このサイトの説明を見ながら、「離婚ノート」に記入という順に行ってくださいね。
【離婚ノート 1】「離婚の基本情報を書きましょう」

 Word版ダウンロード 

 PDF版  ダウンロード 

ダウンロードや印刷の方法は、【離婚ノート の準備編】ノートの作り方を参考にしてください。

1-1.離婚したいかどうかについての希望は?

離婚したい・離婚せずに別居したい・離婚せずに家庭内別居をしたい・再構築(お互いに話し合って結婚生活を続けること)したいなど、離婚についての希望を書いてください。

離婚したいかどうかについてのあなたの希望は?

(記入欄:離婚したいかどうかについてのあなたの希望)

 

離婚したいかどうかについての相手の希望は?

(記入欄:離婚したいかどうかについての相手の希望・わからなければ空欄にしてください)

 

りこん先生
りこん先生
ここからは、あなたが離婚したいと考えている場合に記入してください。

1-3.協議離婚・調停離婚・裁判離婚のどれを希望するか

協議離婚・調停離婚・裁判離婚のどの離婚方法が良いのかわからない方は協議離婚・調停離婚・裁判離婚 あなたにぴったりの離婚の方法は?を参考にしてください。

【離婚の種類】

●協議離婚(きょうぎ・りこん)
夫婦で話し合って「離婚をします。」と決めて、離婚届を出す離婚の方法。

●調停離婚(ちょうてい・りこん)
家庭裁判所で、調停委員という男女2人の人に間に入ってもらって、夫婦で話し合いを行う離婚の方法。夫婦で「離婚します。」と決めないと調停離婚はできない。

●裁判離婚(さいばん・りこん)
…夫婦の話合いがまとまらないので、協議離婚も調停離婚もできない場合におこなう裁判で離婚。裁判官が、離婚するかしないか決定する。

協議離婚・調停離婚・裁判離婚のどれを希望するか

(記入欄:あなたが離婚したい場合、協議離婚・調停離婚・裁判離婚のどれを希望するか、その理由も)

 

1-4.離婚したい原因

話し合いで離婚する場合(協議離婚・調停離婚)離婚の原因がなくても離婚できます。

しかし、離婚したい・したくないでもめて裁判で離婚する場合には、裁判官に離婚を認めてもらうには、離婚の原因がなければなりません。

裁判離婚の離婚原因についてくわしくは離婚裁判の手続きと流れをわかりやすく解説を参考にしてください。

不倫が原因の離婚についてくわしくは不倫の証拠チェックリスト|一発で離婚できる証拠とは?を参考にしてください。

DVが原因の離婚について詳しくはDVが原因の離婚のポイントから暴力から逃げる方法までを参考にしてください。

離婚原因

離婚の原因は、不倫(不貞行為)、DV、長期間の別居、・性的な不一致(異常なsexを強要されるなど)、アルコール依存症・薬物依存、限度をこえた宗教行為(多額のお金をつぎ込むなど)、借金・ギャンブル・浪費(生活費が支払えなくなるような場合)、・暴力・虐待・モラハラ、・犯罪を行う(何度も犯罪をくり返す場合や、長い間刑務所に入る場合など)などです。

(記入欄:離婚の原因。複数ある場合はすべて書く。その証拠があるなら証拠についても記載。)

 

1-5.慰謝料の希望は?

離婚原因が相手にある場合は、慰謝料の額の希望も記入してください。

慰謝料の額などについてくわしくは不倫や暴力での離婚の慰謝料はいくらもらえる?請求方法は?を参考にしてください。
(記入欄:慰謝料ついてのあなたの希望)

 

1-6.親権の希望は?

未成年(0歳~17歳)の子どもがいる場合は、親権者をどちらにするかについて決めなければ離婚できません。

親権についてくわしくは離婚で親権が認められるめには?勝つために準備すること・証拠の集め方を参考にしてください。

親権者を誰にしたいかについてのあなたの希望は?

(記入欄:親権者を誰にしたいかについてのあなたの希望)

 

親権者を誰にしたいかについての相手の希望は?

(記入欄:親権者を誰にしたいかについての相手の希望・わからなければ空欄にしてください)

 

1-7.財産分与についての希望は?

財産分与とは、離婚のときに夫婦の財産を分け合うことを言います。専業主婦やパートであったとしても、夫婦の財産分与の割合は原則として2分の1ずつです。

まずは、夫婦の財産はどんなものがあるかを書いてください。

夫婦の財産

(記入欄:不動産、家財道具、株、預金、現金など。借金も書いてください。)

 

財産分与についてのあなたの希望は?

(記入欄:どの財産をどのくらいほしいかについてあなたの希望)

 

財産分与についての相手の希望は?

(記入欄:離婚したいかどうかについての相手の希望・わからなければ空欄にしてください)

 

1-8.養育費についての希望は?

養育費について、くわしくは養育費とは?相場から 支払わせる方法まで 全部解説を参考にしてくださいね

養育費は、離婚後、親権者でない方の親から親権者となった方の親へ支払われる、子どもの生活費や教育費です。

養育費についてのあなたの希望は?

(記入欄:養育費についてのあなたの希望)

 

養育費についての相手の希望は?

(記入欄:養育費についての相手の希望・わからなければ空欄にしてください)

 

【離婚ノート1】の内容をもっとくわしく書く場合は、離婚ノート1~14の一覧を見てくださいね。

↓【離婚ノート1】のダウンロードはこちら

【離婚ノート 1】「離婚の基本情報を書きましょう」

 Word版ダウンロード 

 PDF版  ダウンロード 

*この記事は投稿時の法律や資料に基づいて作成されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA