Yes・Noでわかる!あなたの離婚に必要な知識はなに?

りこん先生
りこん先生
最初はこのサイト全体のどこを見ればいいのかよくわからないですよね。

あなたのケースにあった準備の仕方をアドバイスしますので、あなたについてYes・Noで答えてください。

以下の質問についてYESかNOをクリックしてください。

Q1.離婚の方法(協議離婚・調停離婚・裁判離婚)について

りこん先生
りこん先生
どんな離婚の方法をとるかで、準備の内容が変わってきます。一番最初に、協議離婚・調停離婚・裁判離婚のうちの、どの方法をとったらいいのかを考えましょう。
初めに協議離婚・調停離婚・裁判離婚がそれぞれ何かについて、下記の記事で確認してください。
議離婚・調停離婚・裁判離婚を比較
協議離婚・調停離婚・裁判離婚を比較【わかりやすく解説】あなたにぴったりの方法は?協議離婚・調停離婚・裁判離婚とは?それぞれの違いと、あなたはどの方法をとるのが良いかを解説。それぞれの方法・期間などをわかりやすく解説しています。...

Q1-1夫(妻)と話し合いはできそうですか?

YES

あなたは協議離婚が最適です。

上から順に記事を読んでいってください。

協議離婚とは
協議離婚とは?手続きの流れや弁護士が必要かを解説協議離婚とは何かを一番わかりやすく説明しています。離婚協議書を作成し、それを公正証書にして、離婚届けを出すという手順についても、くわしく解説。親権者・養育費・慰謝料・財産分与といった、協議離婚の際に決めることについても解説しています。...
わかりやすい離婚協議書の書き方【テンプレートあり】離婚協議書の書き方をいちばんわかりやすく解説!離婚協議書とは、協議離婚をするときに、慰謝料・財産分与・親権者・養育費など、離婚の条件を書いておく文書です。ダウンローとできるひな形もついています。...
協議離婚は公正証書をしないと損をします【わかりやすく解説】公正証書とは何かをわかりやすく説明しています。協議離婚をする場合には、離婚協議書を作成して、それを公正証書にした方が良いです。公正証書の書き方、自分で作成する方法についても解説しています。...
離婚届の書き方|記入例あり【ていねいに解説】離婚届の書き方をていねいに説明しています。ダウンロードの方法も解説。協議離婚・調停離婚の場合の離婚届の出し方。離婚届の証人は誰?見つからない場合は?...

→次の質問は「Q2あなたの離婚に弁護士は必要か?」に進んでください。

NOの方は次の質問へ

Q1-2弁護士に間に入ってもらえば話し合いができそうですか?

YES

あなたは協議離婚が最適です。

上から順に記事を読んでいってください。

協議離婚とは
協議離婚とは?手続きの流れや弁護士が必要かを解説協議離婚とは何かを一番わかりやすく説明しています。離婚協議書を作成し、それを公正証書にして、離婚届けを出すという手順についても、くわしく解説。親権者・養育費・慰謝料・財産分与といった、協議離婚の際に決めることについても解説しています。...
わかりやすい離婚協議書の書き方【テンプレートあり】離婚協議書の書き方をいちばんわかりやすく解説!離婚協議書とは、協議離婚をするときに、慰謝料・財産分与・親権者・養育費など、離婚の条件を書いておく文書です。ダウンローとできるひな形もついています。...
協議離婚は公正証書をしないと損をします【わかりやすく解説】公正証書とは何かをわかりやすく説明しています。協議離婚をする場合には、離婚協議書を作成して、それを公正証書にした方が良いです。公正証書の書き方、自分で作成する方法についても解説しています。...
離婚届の書き方|記入例あり【ていねいに解説】離婚届の書き方をていねいに説明しています。ダウンロードの方法も解説。協議離婚・調停離婚の場合の離婚届の出し方。離婚届の証人は誰?見つからない場合は?...

→次の質問は「Q2あなたの離婚に弁護士は必要か?」に進んでください。

 

Q2.あなたの離婚に弁護士は必要か?

りこん先生
りこん先生
弁護士に依頼するかしないかは、非常に重要なので、下記の記事を読んで検討してください。
離婚するときに弁護士は必要?チェックリストでわかりやすく解説離婚をする場合に、弁護士が必要か必要でないか、その判断の仕方を解説しています。法律相談をする方法や、弁護士費用などについても説明しています。...

Q2-1.①~⑤のどれかに当てはまりますか?

①離婚が裁判になりそう
②親権や高額な慰謝料・財産分与など、数十万から数百万の弁護士費用を払っても勝ち取りたいものがある
③相手のDV・モラハラ・ストーカーの場合など、相手と直接話し合いができない
④忙しい・うつになってしまったなど、自分で交渉することができない
⑤自分で離婚の準備や手続きをすることができない・したくない

NOの方は次の質問へ

Q2-2.あなたは収入・財産は少ないですか?

NO

あなたの場合は、弁護士に依頼しないで離婚をすることもできます。

ただ、法律の知識がないと、損をしたり後で後悔したりすることも多いです。

弁護士に依頼しないとしても、法律相談を利用してアドバイスをもらいましょう。

法律相談の仕方は下記の記事に書かれているので、まだ読んでいない人は確認してください。

離婚するときに弁護士は必要?チェックリストでわかりやすく解説離婚をする場合に、弁護士が必要か必要でないか、その判断の仕方を解説しています。法律相談をする方法や、弁護士費用などについても説明しています。...

→次の質問は「Q3あなたが離婚で手に入れられるお金は?」に進んでください。

 

Q3あなたが離婚で手に入れられるお金は?

りこん先生
りこん先生
まずは、下記の記事で離婚でもらえるお金にどんなものがあるのかを確認してください。
離婚で請求できるお金は?慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用を解説養育費・慰謝料・財産分与・婚姻費用・年金分割など、離婚に関してもらえるお金について、やさしくていねいに解説しています。離婚後にお金がもらえなかった場合に、相手の財産を差し押さえて支払いを受ける、強制執行についても説明しています。...

Q3-1.【財産分与について】あなたと夫(妻)の間に2人で分ける財産はありますか

NO

財産分与は不要です。

→次の質問は「Q3-2.慰謝料について」に進んでください。

Q3-2.【慰謝料について】あなたは夫(妻)のしたこと(不倫・DV・モラハラなど)で精神的苦痛を感じたことはありますか?

NO

慰謝料はもらえません。

→次の質問は「Q3-3.婚姻費用について」に進んでください。

Q3-3.【婚姻費用について】あなたが夫(妻)よりも収入が低い場合、結婚中にきちんと生活費をもらっていますか?

YES

あなたの収入が低いのに(あるいは収入がないのに)、結婚中に夫(妻)からきちんと生活費をもらえていない場合は、婚姻費用を請求できます。

なお、別居していて生活費をもらえない場合だけでなく、同居していて生活費をもらえない場合も、婚姻費用が請求できます

婚姻費用については、下記の記事を読んでください。

婚姻費用とは?別居中の生活費を夫に請求できます【わかりやすく解説】婚姻費用というのは、結婚中の生活費や子どもの教育費などを相手に請求できる制度です。いくら請求できるのか、弁護士に依頼したほうが良いのかをやさしく説明します。...

→次の質問は「Q4離婚と子ども」に進んでください。

NO

あなたの収入が高い場合や、結婚中に夫(妻)からきちんと生活費をもらっている場合は、婚姻費用を請求できません。

→次の質問は「Q4離婚と子ども」に進んでください。

 

Q4離婚と子ども

Q4-1.夫婦の間に未成年の子どもはいますか?

NO

→次の質問「Q5-1.不倫が原因の離婚」に進んでください。

 

Q5離婚原因

Q5-1.【不倫が原因の離婚について】あなたの夫(妻)は不倫をしていますか?

NO

→次の質問「Q5-2.DVが原因の離婚」に進んでください。

Q5-2.〔DVが原因の離婚〕①~⑤のどれか1つでも当てはまりますか?

①身体的暴力(殴るけるなど)
②精神的暴力(モラハラ・無視・脅かすなど)
③性的暴力(性行為の強要・ポルノを無理やり見させるなど)
④経済的暴力(生活費をわたさない・金銭的な自由を与えないなど)
⑤社会的暴力(家族や友人との付き合いや行動を制限するなど)

NO

→次の質問「Q6.離婚後の手続」に進んでください。

 

Q6.離婚後の手続

Q6-1.離婚後の姓(名字)や、その他の離婚後の手続きについて知りたいですか。

NO

→質問は以上です。

全ての記事を一覧で見たい人は→こちら